弁護士紹介

弁護士 辻󠄀本 奈保(つじもと なお) TSUJIMOTO, Nao

弁護士 辻本 奈保(つじもと なお)

所属

東京弁護士会

学歴

東京都立両国高等学校 卒業
明治大学法学部法律学科国際法文化コース 卒業
中央大学大学院法務研究科法務専攻 修了

経歴

2013年12月 最高裁判所司法研修所修了(66期)
2014年1月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2014年 都内大手法律事務所
2014年 弁護士会登録替え(東京弁護士会)
2016年 日本マクドナルド株式会社
2019年 消費者庁表示対策課食品表示対策室 内閣府事務官/景品・表示調査官(課長補佐)
2021年 都内外資系法律事務所
2022年 都内経営法律事務所
2022年11月 辻本奈保法律事務所 設立

弁護士会会務等

日本弁護士連合会
代議員(2024年度)
東京弁護士会
常議員(2024年度)
弁護士研修センター運営委員会
広報委員会

ほか多数

言語

日本語、英語

主な著書等

『日本初の女性、女子高生、ダークヒーロー… 三者三様の「弁護士」が 躍動する4月法曹ドラマを楽しむための基礎知識』(コメント掲載、弁護士JPニュース)(2024年5月)
『「会社の不正を正したい」が制度を「信用できない」約4割の実状…報復回避して告発するための3つの肝【弁護士解説】』(コメント掲載、弁護士JPニュース)(2024年4月)
『遺言だけじゃない!?弁護士だからできる 生前の相続対策のすべて』(共著、第一法規)(2024年2月)
『ステマ規制、訪問購入、18歳契約トラブル… 2023年に注目された「消費者問題」に見る“だまされる側”の傾向と対策【弁護士が解説】』(コメント掲載、弁護士JPニュース)(2023年12月)
『労務管理のエキスパートガイド-事例でみる職場環境における配慮と問題行動への対処-』(共著、新日本法規出版)(2023年10月)
『「ステマ広告」規制の新ルールに”抜け穴”も… ネットショッピングに潜む「情報混濁」という名のリスク』(コメント掲載、弁護士JPニュース)(2023年10月)
Thomson Reuters Practical Law Global “Employees: Cross-Border Private Acquisitions (Japan)” (共著)(2022年3月)
『景品表示法(第6版)』(共著、商事法務)(2021年6月)
『Attorney’s Opinion 労働事件の解決のために』(記事執筆、Attorney’s MAGAZINE)(2016年1月)

その他

出身:東京都江戸川区(小岩)
好きな言葉:No Day But Today
趣味:映画鑑賞、海外ドラマ鑑賞、海外ミュージカル鑑賞、コンサート、温泉、旅行、パンダ、ゴルフ(練習中)

© 辻本奈保法律事務所